家賃保証会社を使うなら知っておきたい特徴

新生活を始めるために部屋を借りる人は多いです。
しかし、中には「保証人」という制度が大きな壁となり、保証人が立てられないために、借りたい部屋を借りることが出来ないというケースも存在します。
そのような時に頼れるサービスがあることをご存じですか?

家賃保証会社の特徴


家賃保証は借主が万が一家賃の支払いが滞ってしまった時に、借主に代わりオーナーに家賃を支払うというシステムです。
「仕事も家庭も安定しているから必要無い」と考えている人でも、交通事故による怪我や突然の病気、不安定な社会情勢の中で失業も考えられます。
盗難などによって多額の現金を無くしてしまう恐れもあります。そのような時のリスクのために家賃保証会社は存在しています。

では、家賃保証の流れはどのようなものになるのでしょうか?
まず、家賃の支払いが遅れた場合、オーナーから会社へ請求が届きます。その時、借主の代わりに会社が家賃を支払うのです。
その後会社は「何故家賃の支払いが遅れたのか?」をヒアリングして確認した上で、立て替えた分の家賃を請求します。
このように、仕組みがとてもシンプルで分かりやすいため、使いやすいという声もあるのです。

家賃保証会社を使うメリット


オーナーにとって家賃保証会社というのは非常に安心出来る存在になっています。
借主にどのような信頼があるのかというのは調査が難しいものです。仮に連帯保証人が居たとしても、その連帯保証人が信頼出来るのかというところも懸念されます。
家賃というのはオーナーにとって大切な収入源となるため、その家賃収入が定期的に必ず入ってくるということは何よりの安心に繋がるのです。

その点、家賃保証会社を利用すればどのような借主であっても会社が責任を持って家賃の支払いをしてくれるので、毎月滞納の心配をする必要が無くなります。
このように会社が借主の代わりに信用を保証することによって、オーナーの家賃収入が確保されるのです。
また、借主にとっても信用が保証されるため借りたい部屋を借りやすくなるというメリットも発生します。

家賃保証会社はオーナーと借主の関係を良好にする


家賃保証はなんらかの理由で家賃の滞納が発生した場合に、会社がオーナーに家賃を立て替え、その後借主から家賃を請求するというサービスです。
家賃を支払うための現金が何かしらの形で失われてしまうということは多くの人に有り得ることのため、このようなサービスを使用することによって借主とオーナーの双方にメリットが生まれるのです。

具体的なメリットとしては、まずオーナーは借主や連帯保証人の信用度を調査する手間が省けます。
また、毎月必ず家賃が手に入るので収入も安定します。
借主は連帯保証人を立てることなく、自分の信用度も証明する手間が省けるため、借りたい部屋を借りるハードルが下がります。
賃貸物件には家賃保証という潤滑油が欠かせないということですね。