海外の人におすすめの家賃保証会社ならグローバルトラストネットワークス

グローバルトラストネットワークス

賃貸物件の契約を行うときには、今や家賃保証会社は必須と言える存在です。
昔は連帯保証人を立てることが出来ない人に向けたイメージが強かった家賃保証会社ですが、今ではオーナーの安定した家賃収入を守るという部分でも一役買っています。
部屋を借りるのに家賃保証会社の利用を検討している方は必見です。

グローバルトラストネットワークスの特徴

現在、日本は外国人旅行客の増加や労働力不足による外国人労働者の受け入れなどが増加傾向にあり、外国人賃貸物件入居希望者も続々と増えています。
このような人たちにコミットしているのがグローバルトラストネットワークスという家賃保証会社です。
この会社の強みは借主にサポートをするのはもちろんのこと、貸主にもターゲットを拡大できるというところです。

このグローバルトラストネットワークスはホームページが日本語だけでなく、英語・中国語・韓国語・ベトナム語に対応しています。
マルチリンガル対応になっているので、語学に自信がない人でもスムーズに問い合わせ可能です。
さらに、物件情報サイトについても7言語に対応しています。こちらは無償提供していて、トラブル対応のコールセンターも保証料金に含まれているため多くの人に支持されています。

不安要素に対するサポート能力

外国人賃貸物件入居希望者を受け入れるというのは様々な不安要素がありますよね。
言語によるコミュニケーションが可能か、家賃をしっかりと支払ってくれるのか、身元がきちんとしているのか、引っ越しの際にクリーニングをしているのかどうか、退去に応じてくれるのかどうかなど、日本人よりもリスクがあるかもしれないと悩むオーナーも少なくありません。

グローバルトラストネットワークスはこのようなときにもサポートをしてくれます。
まず、マルチリンガルのスタッフが常駐しているため、何かトラブルになったときも迅速に対応してくれます。
最大4年間の家賃保証があるため踏み倒し時にもカバーしてもらえます。
退去時の荷物保管と処分をしてくれるなどのサービスもあり、立ち退きを要求するのも対応に含まれているということで貸主にとても魅力的な企業です。

グローバル時代に適応した家賃保証会社

グローバルトラストネットワークスは、外国人賃貸物件入居者に対応した家賃保証会社です。
外国人の受け入れには様々な費用が発生しますが、諸々の料金も含まれているためオーナー側は利用しやすいということです。
日本では今後も外国人の数が増加していくとの予想が立てられているため、こういった企業があると貸主も借主も双方メリットを持って賃貸契約ができるようになりますね。

外国人賃貸物件入居者を受け入れる際には様々なリスクがあると予想する人も少なくありませんが、グローバルトラストネットワークスではそのようなトラブル時にも十分に対応をしてくれます。
多言語を操るスタッフの存在はもちろんのこと、家賃保証や入居時審査、退去時の荷物保管や処分、立ち退き訴訟費用の保証も行なってくれるため、オーナーの不安を軽減させるのに役立ち利用もしやすいと好評のようです。