幅広い不動産事業を手掛けるニッポンインシュア

ニッポンインシュア

不動産オーナーにとって入居率は重要な数字のひとつです。
しかし、どのような人であっても入居するということは、家賃滞納というトラブルを引き起こすリスクがあります。
そのため、昨今そのようなリスクを軽減させる存在として家賃保証会社が注目されています。

ニッポンインシュアってどんな会社?


ニッポンインシュアは物件の売買や不動産の管理、さらにはコンサルティングといった幅広い事業運営を行なっている企業です。
そのため、それぞれの事業のノウハウが相乗効果を生み出し、不動産ビジネスに関して特に高い専門知識を持っていると言われています。
その知識は収益性に関して様々な提案を行うための原動力になっているため、収益物件を抱えているオーナーにとってはその課題解決に向けてのサポート力を持つ存在となることでしょう。

ニッポンインシュアでは家賃保証事業も行なっています。
アウトソーシング先として家賃保証事業を行なっているというだけでなく、不動産のプロフェッショナルが家賃保証事業を行うスタートアップのサポートも手がけているようです。
自社物件からの導入を行うことによって新規事業をより上手く運営させるように心がけているということです。

格付け会社からの評価


家賃保証事業を行う企業は、その信頼性が非常に厳しく審査されます。
何故なら、家賃保証事業というのはその性質上コンプライアンスにも気を配らなければいけないという理由があります。
家賃の回収の際に違法性があるのはもってのほかですし、オーナーと借主の間の関係性において心情的にも金銭的にも穏やかなものにしなければいけないからです。
また、その資金力などにも余裕が無ければいけないため、その信頼性が評価の対象となります。

ニッポンインシュアは世界的な格付け企業であるスタンダード&プアーズから2016年9月30日決算データにおいて日本SMEレイティングでa評価を獲得しています。
中堅・中小企業の信用力などを評価するこのレイティングにおいての評価となっているため、企業信用度の指標となることは間違いありません。

幅広い不動産事業の活躍が導く評価


不動産に対して幅広いノウハウや実績を持っているニッポンインシュア。
物件の売買や管理、コンサルティングなどを行なっているため、その事業が相乗効果を生み出しています。
その事業展開の中に含まれている家賃保証事業は自社から導入を行なっているため、その事業を円滑に運営させるのに役立っています。

また、ニッポンインシュアはスタンダード&プアーズから評価aを獲得していることで注目されています。
世界的な格付け企業からの高評価はその企業の信用度に対して大きな影響を与えます。
家賃保証を行なっている企業というのはあらゆる面で信用度が厳しく評価される立場にあるため、ニホンインシュアのような実績を持つ企業は他の企業よりも高く評価されることが多いのです。