家賃保証会社のパイオニア的存在の日本賃貸保証

日本賃貸保証

不動産投資を始めるにあたって気をつけたいのが、どれだけリスクを避けることが出来るかということです。
特に初心者のうちはしっかりとサポートしてくれるプロフェッショナルの存在が重要視されます。
そのため、家賃保証会社についてしっかりと調べる必要があるのです。

家賃保証会社のパイオニア的存在の日本賃貸保証とは

日本賃貸保証は家賃保証会社のパイオニア的存在として知られています。
1995年から賃貸借保証事業をスタートさせており、その実績とノウハウは他者を圧倒していると言われることもあるのです。
それを示すように年間の保証売り上げが平成28年度で109億円、保証契約件数43.7万件と大きなシェアを持っていることが分かります。
そして、それだけの規模を持っていながら大きなトラブルを起こしていないことも評価するポイントと言えるのです。

日本賃貸保証の大きな武器として挙げられることが多いのが独自のデータベースです。
こちらはこれまで100万人以上入居者審査を、自社で行なっていることが蓄積されたデータをそのまま採用しています。
家賃保証という業界は比較的歴史が浅いビジネスとなっているため、入居者情報が統一されたデータベースとして活用されていません。
そのため、独自の武器であるということが出来るのです。

知っておきたい日本賃貸保証のサービスの特徴

日本賃貸保証のサービスの特徴としては、金銭以外の負担を解決するというものがあります。
例えば、入居者が長期的な滞納をしてしまったために、これ以上住むことが出来ないと判断された場合にも、強制的に立ち退かせることが出来ません。
そのため、そうした場合には法的な手続きを行う必要性があります。
そのような場合の弁護士費用や引っ越し作業、残留物処分などについても負担をしてくれるのです。

さらに、プランによっては入金管理が不要になるというメリットもあるのです。
そうした場合、自動的に家賃の振り込みを行なっています。
こうすることによって毎月の入金管理を確認したり、未払い時の連絡などを行う必要が無いため、事務仕事の負担が軽減されるのです。
このようなサービスは本業を持っている兼業不動産投資家には嬉しいポイントでしょう。

確かな歴史と実績があるから安心

日本初の家賃保証会社と言われる日本賃貸保証は1995年から培ったノウハウはもちろんのこと、それまでに行った入居者審査をそのままデータベースとして活用しているため、多くの同業他社よりも情報を手にしていると言われています。
このような独自の武器を活用しているため、大きな売上高を記録しているのです。

サービスの特徴としては、金銭だけではなく法的な手続きに対する手間や費用なども負担してくれることが挙げられるでしょう。
不動産投資の中で家賃滞納は収益に直接影響するのはもちろんのこと、その後の空室リスクにも大きく響きます。
このようなことが無いように、しっかりとフォローしてくれるだけでなく入金管理が不要となるプランもあるため、不動産投資に詳しくない人ほど活用すべきサービスだということが出来るでしょう。