家賃保証信頼度の高さならオリコフォレントインシュア

オリコフォレントインシュア

家賃保証会社とは、もしも入居者が家賃を支払えないときにオーナーへ立て替えを行うサービスを提供しています。
以前は保証人が無い人に向けたイメージでしたが、今ではオーナーが率先してこのサービスを利用することも珍しくありません。

■オリコフォレントインシュアの企業としての信頼性


家賃保証会社には信頼性が必要となります。
その理由は、万が一家賃滞納トラブルが起きたときに、契約している賃借人の家賃支払いの立て替え払いをする責任が家賃保証会社にはあるからです。
保証会社の立て替えが遅れるようではオーナーも部屋を貸したいとは思いませんよね。
そのため、家賃保証会社の信頼性にはバックボーンが求められることが多いです。

今回ご紹介したいオリコフォレントインシュア(旧:リクルートフォレントインシュア)はオリコグループの傘下の企業です。
全国的に知名度が高いため、グループ会社全体の信用を落とすような行動はできないし、グループ会社の中には不動産・賃貸を扱っているところもあるのでノウハウも充実しています。
また、全国賃貸保証業協会に加盟していることも信頼性に繋がっています。

■オリコフォレントインシュアは貸主にも安心


家賃保証と一口にいっても、企業によってその保証限度が違います。
もしも家賃滞納が深刻な段階になったときにも、安心して任せられるような家賃保証会社もあります。
また、家賃保証会社の中には保証人を立てることが出来ない入居希望者に対して保証人を代行したり、退去後の原状回復から必要に応じて法的手続きをサポートするところもあるため、万が一のトラブルに遭遇したときのリスクマネージメントをしたい人におすすめだと言えます。

オリコフォレントインシュアでは共益費や管理費を除いた、48ヶ月という長期間にわたり家賃保証を行なっています。
もちろん入居前に審査等は行いますが、入居後に家賃滞納が起こる可能性はあります。そんなときもこういった保証があれば貸主としては安心できますね、
例えば、原状回復をめぐるトラブルに巻き込まれたときにはその法的手続きや原状回復を速やかに行ってくれるため、収益物件の維持管理にも役立っています。

■オリコフォレントインシュアは信頼性とサービス力が売り


信頼性の高さで言えば全国的に有名なオリコグループの傘下である、オリコフォレントインシュアがおすすめです。
信頼性の薄い家賃保証会社はいくら美辞麗句を並べても説得力がありません。
オリコフォレントインシュアは全国賃貸保証業協会に加盟しています。
このような後ろ盾があることによって、よりその存在感をアピールしているのです。

オリコフォレントインシュアはオーナーの不安や心配をサポートするようなサービスが充実しています。
保証限度が48ヶ月と極めて長期であることや保証人代行サービス、さらには現状回復費用の保証にも対応しているのです。
収益物件というのは安定性が非常に重要視されますので、オリコフォレントインシュアのようなサービスを提供している企業を知っていると、貸主・借主ともに安心して利用できると思います。